2012年03月22日

読書で対峙

わたしはこう見えて読書好きです。
そんなわたしが読書を行う上で気をつけていることは、
筆者をただの一人の作家に過ぎないと考えることです。

最近の自称読書家はみんな、本に影響されすぎだと思います。
あの本が良かったといって、その本に書いてある通りのことばかりしていても成長はないでしょう。

本はあくまで著者の一意見に過ぎないと考え、著者と対峙するかたちで読書を行うことが、
読書家としてはもっとも大切なことである気がします。
posted by akina017690 at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。